チャートの足種を変更する 【トレードステーション日本株版】

デイトレードやスイングトレードなど取引スパンによって、見たいチャートの足種もさまざまですよね。

デイトレードの人はティック足や5分足など、スイングになると週足、月足も気になります。

今まで使ってきた証券会社の取引ツールは、チャート画面の見える場所にボタンがあったので直感的に足種の切り替えが出来ましたが、トレードステーションだと見つけられず困りました。

わりと使うボタンだと思うんだけどなんて分かりにくいんだろう、と思っています。
逆に詳細な画面を開くと、こんなことまで出来るの!?
というくらいに高機能なんですけどね。。。
なんでも出来るのは分かったから、もう少し基本的な機能を分かりやすくしてもらえたらなと思います。

もしかしたら、ここに記してある以外にも足種を切り替えできる方法があるかもしせませんので、知っている方がいたらコメントお願いします。m(_ _)m

スポンサーリンク
336-280_1

ツールバーの”足種”アイコンで切り替える

1つめの方法は、ツールバーの足種アイコンです。

チャートウィンドウをアクティブにして、足種アイコンをクリックします。

asisyu2

するとドロップダウンの一覧が出るので、表示したい足種をクリックするとチャートが切り替わります。

ashisyu

ツールバーで切り替えるのが面倒だなぁ。

と言ったら怒られそうですが、チャートウィンドウの中に足種の切り替えボタンが並んだツールもたくさんあり、これらを知ってしまうと不便だなぁと思ってしまうのが正直なところです。

右クリック→メニューから直接選択する

ツールバーで表示された足種一覧を右クリックメニューからも選択できます。

  1. ローソク足で右クリックしてメニューを表示させます。
  2. メニューの中の足種にマウスポインタを重ねると足種一覧が表示されるので切り替えたい足種を選択します。

ashisyu00-1

右クリック→ダイアログ画面で詳細に設定する

ティック足、秒足、出来高足は右クリックで表示されるダイアログ画面で詳細な設定ができます。
以下、その方法です。

  1. ローソク足で右クリック、コンテキストメニューを表示します。
    (ローソク足をダブルクリックでもオッケー)
    メニューの中の”○○○○を設定”をクリック。○には銘柄名が入っているはず。
  2. ”銘柄コードの設定”ダイアログがポップアップ表示されます。
  3. ダイアログの”足種を選択”から表示したい足種を選択。
  4. ダイアログ右側の”足種設定”と”範囲”で数値を変更できます。
    (日足~月足は足種設定の項目は編集できないようです。)

【ティック足・出来高足・秒足・分足】

”足種設定”と”範囲”が設定できる。

ashisyu00-3

【日足・週足・月足】

”足種設定”は利用できないが、”範囲”の設定は可能。

ashisyu00-2

これだけ細かく設定できるとチャートにこだわる方にとってはトレードステーションは頼もしいツールではないでしょうか。ただ慣れていないうちは余りいじってしまうと訳が分からなくなるかも。

トレステならではの珍しい足種

秒足の表示

ティック足や分足はデイトレードでよく使われますが、トレードステーションでは”秒足”が表示できます。これが表示できるツールってあったっけな?と、思い出せないです。
株ツールも日進月歩なんで出来るツールもかもしれませんが、珍しいなと思いました。

15秒足チャート見ながら取引とかね、ノイズとか考えるともう人が考えて売買できる限界な気がしますが。あとでまた出てきますが、実は1秒足チャートも表示できます

トレードステーションはプログラムトレードも出来るので、超高速取引の指標として使うんですかねぇ。仕手相場とかの激しいアップダウンには必要なのかな。
人の数だけ取引の方法があるので、これで売買が上手くいくようになった人もいるんでしょうね。

1秒足チャートを表示してみました。

数%しか変化しないような銘柄だと低位株の値が動かない時のようで、イマイチぱっとしません。

ashisyu5

こちらの1秒足チャートは、この日に8%以上株価を上げた銘柄の一場面。

でっかい売りで一気に板が動いたりするとチャートの形が大きく変化してびびります。

こうしてみると使えないことはない?(@@;)

ashisyu4

出来高の足種がおもしろい

ドロップダウンの一覧を見ると、ティック足、分足、日足、週足、月足などは他のツールでもよくありますが、出来高のローソク足も表示できます。

単位出来高のチャート、これが調べるとなかなか面白くて”時間区切り”と”出来高区切り”のそれぞれのチャートで相関関係が見えてきて1人でなるほどと頷いています。
アルゴリズムの取引が盛んな今、みんな色んな要素を盛り込んで売買しているのかなぁと想像が膨らみます。

ashisyu3

1570 NEXT FUNDS 日経平均レバレッジ上場投信のチャート。

足種を”出来高50,000株”で設定、ローソク足を表示させてみました。
長期の移動平均線が右斜に下がりながら株価のフタをしている様子が分かります。そして、ボトムでヘッドアンドショルダーズ(逆三尊)の形が出来た後、長期移動平均線を超えてブレイクしています。

スポンサーリンク
336-280_1
336-280_1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする