株の掲示板(textream)の私版-活用術

買った株が予想に反して下がったときなどみなさんどうしていますか?
不安になっていろんな情報を集めたくなりません?

会社からIRが出てないかとか、何かニュースがあるのかもしれないと思ったり。

そんなとき私はインターネットで検索して掲示板を見てしまいます。

”銘柄名”や”銘柄コード”にプラスして”掲示板”で検索するとtextreamというyahoo系列の掲示板が出てくることが多いです。

株についてのネットの掲示板には真面目なものもあるかと思いますが、書き込んだ人が特定されず無責任なこともあり、わりといい加減な内容が書きこまれていたりします。

今回は私も振り回されたことのある匿名のネット掲示板について、どんな書き込みがあって、どう対処すればいいのか?
果たして掲示板は使えるのか?

私的活用術からまとめていきます。

スポンサーリンク
336-280_1

目次

掲示板に書き込まれる内容をまとめてみた

掲示板は匿名で好き勝手に書き込まれるので、いろんな意見が飛び交います。
ほんとに個性溢れて多種多様です。

いい加減なことを書く人、暴言を吐いちゃう人、人ぞれぞれですが、みんな一筋縄ではいかない相場をがんばっているんだなぁと思ったりします。

ちょっとむりやりですが発言の傾向からほんの一部ではありますがジャンル分けをしてみました。

これを見て、気持ちがフラフラしているときに少しでも客観的に冷静になってもらえたらと思います。

買い煽り

株価がこれから上がると思わせる内容の発言をして、なんとか自分が得をするようにするさま。意図してやっている場合とそうでないものがある。

今年のテーマの大本命ど真ん中がこの銘柄でしょ!

これから注目浴びて株価が上がるから今買わないと損するよという意味。
続けて「半年後には株価3倍もおかしくない」などと数字を付け足してもっともらしく整えます。大雑把な営業トークですね。

今日が最後の○○円代だったようですね

400円台をうろうろしていた株価が500円を超えた日など、節目に書き込まれる言葉。
いえいえ、ふつうに400円台に戻ることもしょっちゅうです。

これも今買わなきゃでしょ!と煽るタイプです。

信用売残が減ってきたから反転するぞ

空売りが買い戻された=底値圏という発想。そうなる場合もあるがならないこともよくあることで当てにならない。

モルガンが買い戻したし、ここから上げるよ

モルガン・スタンレーの空売り買い戻し、つまり大きな空売り機関の買い戻しがあったから上げるという、先の「信用売残が減った」の亜種。ほかドイツ銀行が~、ゴールドマン・サックスが~、など銘柄によって有名なところが出てくるのが特徴。

コツンと音がしたか・・・?

株価が底値をつく時に音がするという。
こんなこと言われたら、「えっそうなの?じゃあ少し仕込んじゃおうかな」なんて思う人がいるかは知らない。少し自信なさげに言うところがリアリティを醸し出すポイント。

PTSの上げがすごいな、朝一で仕込むかな

PTS(夜間取引)で株価が大きく上昇しているよ。
明日は日中も上げることだから朝一番で買わなきゃ、の意味。

こんなこと言われたら、翌日の朝はその銘柄をチェックしていしまいそう。
よいニュースと共に書き込まれることも多い。

PTSは極端に出来高が少ないので信用性がありません。
夜間に上げたらかといって次の日に続けて上げるとは限らないので要注意です。

売り煽り

”買い煽り”の反対で、株価が下がってほしい人が書き込んだりする。
意図して発言している場合と、そうでないものがあります。

日本人は”買いポジション”で株をしている人が多いので売り煽りは多いです。
人の不幸は蜜の味といったとこでしょうか。
損切りした人がゾンビになって売り煽っていることもあるのかなと想像したりします。

大口の空売りはとことん売るぞ

多額の空売りが入るからこれから株価が下がり続けるよ、売っちゃいなよ、ということ。

株価が下げ始めた季節に湧く言葉。
バリエーションは豊富だが”空売り”という言葉が入っているのが特徴。
株を買ったあとの人は焦ります。
本当に空売りされるのか、どこまで下がるのかは分かりません。

信用売残が減ってないから株価が上がるわけない

買い煽りでも登場した”信用売残”。
空売りが買い戻されてない=まだ反転の時期じゃない、と言いたいのだと思う。
前述しましたが、信用倍率(信用買い残÷信用売り残)とかあんまり関係ないから。

やっぱりな株価が高すぎる、○○円が妥当だろう

下げに転じた後で出てくる言葉。
「オレも下がると思ってたんだよ、オレ?もちろん買ってないよ?○○円なら買うけど。」という知ったか要素をプラスして自分の立ち位置を少し上にしている。

そして○○に入る株価は現実的でないほど安いのが特徴。
どうでもいい発言。

PERこれで買うやついるとか信じられん

PERが高すぎるから誰も買う人いないだろう、の意味。
個別株は個性があるので一般化した数字では単純に測れません。

先の株価に続いて指標を根拠に株価が下がることをアピールしたい発言。
要するになんでも数字持ってくれば説得力が増すと思っているのかなと思う。
このほかに、”理論株価”や”RSI”などのテクニカルから数字を持ってきたりこねくり回したりして発言する。
これもどうでもいい。

ここの社長クソ決算出したくせに、フェイスブックに自家用セスナ運転してる画像乗っけてるわ、マジ仕事してねーだろ

具体的で半分バレてしまいそう。
株価でなく、社長の資質を突く変化球。

こんな社長じゃ確かに期待できないわと、つい売りたくなってしまう。
社長がダメだと株価が下がることもあるので有り難い助言の面もある。

シコリがあるから上がらんよ

出来高を伴い大きく上ヒゲを付けた場合などは高値で掴んだ人がたくさん出ます。
この人たちが再び株価が上がるのを待って売ろうとするので、株価がそこで抑えられ上昇しにくい状態になります。
これをシコリなんて言ったりします。

だから株は上がらないよと言いたいのだと思いますが、シコリを吹き飛ばして上がることが普通にあるのであまり当てはまりません。

嬉しい

火柱キター!

”これたまに株価が急騰するなぁ”と思って仕込んだ銘柄。
でも本当に上がるのかイマイチ自分を信用できない。

そんな時に板が激しく動き出す。
キタキタキター!前日比率10%超えだ~!

喜ぶのもよいですが、無理せず売りましょう。
売る値段をしっかりキメないと、「まだ上がるかもよ」と悪魔の声が囁きますよ。

じわじわでいいよ、じわじわで

株価が少しづつだけど力強く着実に下値を切り上げていく様を見ての発言。

急騰すると上げトレンドが終わってしまうことがあるので、なるべく下値をそぉ~っと切り上げてからドカーンと上がってほしいですよね。

○○円の分厚い板ぶち抜いたー!

株が上昇していき節目となる株価の売り板には他に比べて多量の売りがあることがあります。
そのすぐ下の売り板には買われてはすぐにぞろぞろと売りが出てなかなか節目をタッチさせてくれません。

あるタイミングでドカンと大きな買いが入り一気に売り板が食われる瞬間、あ~たまりません。

焼きブタ、ざまーw

買いポジションの人が空りポジションの人をバカにした言葉。

空売りしている人が予想に反して株価が上がってしまい損切りの買い戻しをすることを「焼かれる」と言ったりします。

つまり株価が下がると思ってた人への当て付け。
下がらないと安く買えないわけで、ざまあみろってねぇ。。。

グチ

イナゴまじうぜー

最初勢い良く株価が上げたものの、終わってみれば元の株価に戻り出来高も減ってしまったときに言われる。
当然言っている本人は含み損があるか、売り抜けられなかったわけである。

イナゴとは、短期売買で利ザヤを狙う人たちのこと。
「イナゴが多いから株価が上がらない」と言うが、大多数が売っているから株価が元に下がったわけで、売った人がイナゴなのか長期保有でも急騰したから利益確定したのかは分からないが、本人は自己弁護したいのだと思う。

見せ板ひどすぎ

大きな注文が出たり消えたりして板が不自然な状態。
たまに見かけるがだいたい違和感があるのでそれと分かる。

それよりもアルゴリズム取引のチカチカする注文の動きが目に悪いことがあり、やめてほしい。

見せ板するからには思惑がある訳で、それを見抜いてしまえば問題は解決します。

来年の今頃まで待とうかなー

エントリーしたものの含み損が出てしまい、損切りも決断できないときにボソッと言ってしまう言葉。
塩漬け宣言である。
「待とうかな」という語尾に気の迷いがあるのが哀愁。
私も独り言でよく言ってました。

やっぱり騙し上げだったな

調子よく上がると見せかけて下降トレンドに入ったときなどに使われる。
上がると思ったけど下がったから騙されたということなのかな?
よく聞く言葉だけど、正直よく分かってません。

誰がどんな目的で騙すのか謎。
”勘違い上げ”なら分かる。自分が勝手に勘違いしてたってこと。

マーケットが騙すことなんてあるのだろうか。
大口だってみんなと違う方向に進むのは怖いはずだから時流を読むと思うのだけど。

せっかくの上昇基調なのに時合悪すぎ

待ちに待って株価が上昇を始めたところで指数が思わしくなくて、引きづられるように株価が下降してしまうときにボヤいてしまう。

ほんとに元気な株は指数に逆らって、むしろそういう時合で資金が集まるものなので選んだ銘柄がダメだったってこと。
でも気持ちは分かります。

上から目線

実社会にも一定数いる、自己顕示欲を恥ずかしがることもなく披露できるタイプの人が掲示板にも現れます。

今日もごちそうさまでした

このチャンスを逃さず儲けたよとアピールしたい人。
「も」で常勝をイメージ付ける。

オレは前から忠告していたぞ。アホルダーはほんと救いようがないな。

アホ+ホルダー=アホルダー。

たまたま当たった予言を自慢する占い師のような人。

下で買って売るだけの簡単な相場じゃねえか

株価がボックスの動きをしたときに出る発言。
オレはボックスに気づいたぞ、儲けたんだぞとアピール。

丁寧

掲示板の中にはまともな人(失礼)もいます。
常識に溢れる書き込みには、思わずこちらも画面の前で頭を下げてしまいそうになります。

ホルダーの皆さんおめでとうございます

ホルダーだったけど今は見守る立場だろう人が言う祝福のことば。
きっと普段も丁寧な人なんだろうと思う。

今日の引けで買いました。ホルダーのみなさんよろしくお願いします。

仲間になったご挨拶をしてくれる人。

同じく買っている人はいつかは売り板に注文を並べ、株価を下げる敵になる運命を知りながら挨拶するなんて良い人すぎる。

私的に役立つと思う言葉選

IR出てますね

掲示板のありがたいのが、ニュースなどが出た時にいち早く書き込んでくれる方がいることです。IRは会社のホームページに掲載されますが、そうでないハプニングなどの出来事も書き込まれます。

書き込まれている内容が全て正しいと判断するのは危険ですが、そこに書かれた文章の単語を検索することで自分が調べるキッカケを与えてくれます。

ここ(この銘柄の掲示板)も人が少なくなったなぁ

掲示板が良くも悪くも盛り上がっているうちは株価もまだ期待できますが、興味がなくなってしまって閑散としてしまった時は反発が期待できず、しばらく底値の模索が続くかなと考えます。

出来高減ったねぇ、こりゃ当分ダメかな

出来高の推移を見逃している時にありがたい言葉。
そうだねぇと同感してしまうことも多い。

掲示板との付き合い方

最初に結論を言うと、掲示板は見ないほうが良いです。

とくに株を始めたばかりの人は掲示板に並ぶ知らない言葉で混乱して踊らされることでしょう。そうならないためにはセルフコントロールが必要です。

それでも掲示板を見てしまうとか、理解したい人はしっかり向き合うことをオススメします。

あとがきで出ますが、掲示板に嫌というほど苦しんだ私です。
みなさんには同じ轍を踏んでほしくないです。

掲示板を、掲示板に書き込んだ向こう側にいる人間を見つめてみませんか?

しっかり理解すれば、マーケットをより深く理解できるようになるのではと思います。

保有銘柄以外の掲示板を定点観察するのがおすすめ

その銘柄に関心があるかないかでは同じ書き込まれた内容を読んでも、思う強さがまったく違ってきます。趣味の掲示板とかならどうってことないですが、リアルマネーが絡む掲示板ではリスクが違ってきます。

含み損を抱えていれば、少しのネガティブな発言が自分の中で膨らみ、より迷いが大きくなるでしょう。また、そういう気持ちを知った上でわざと同様を誘う書き込みをする人がいるのも事実です。

買いたいと思って気持ちが高ぶっているときにポジティブな発言を見ると、買わないと上がってしまう焦りが膨らみ、高値で掴む原因になったりもします。

なので、関心が薄い銘柄の掲示板を定期的に見ます。
トヨタやソニーなど大きな銘柄と、マザーズなどの小さな銘柄2つを選びます。

大事なのは株価を追いながら見ることです。

上昇トレンドと下降トレンドでは書き込む人間が違う

上昇トレンドにあるときは、ポジティブな発言を書く人が集まります。
この中には買い煽りと呼ばれる書き込みをする人も混ざります。
雰囲気は明るく希望に満ち溢れています。

株はバイイングクライマックスといって、上昇トレンドの最後に一番株価が激しく上がることがままあります。これを発端として下降トレンドになったりします。

このときに雰囲気がどうなるか確認しましょう。

そして下降トレンドに入ると、上昇トレンドの時には書き込まなかった人の書き込みを見るようになります。発言の内容も変わります。

下降トレンドが明確になって悲観が漂います。売り煽りの発言もありホルダー(株を持っている人)がボロクソに叩かれるのもこの時期です。
上昇トレンドではホルダーが書き込んでいましたが、ここで書き込むのは傍観者です。

株を握ったまま売れなかった人が後悔し始めます。

そして下降トレンドの最後はセリングクライマックス。どこまで下がるか分からない気持ちが膨らみ、文句や扇情的な書き込みが多くなります。

ふと、静かになります。

書き込む人がまた交代したかのように雰囲気が変わり、冷静な書き込みが増えますが、掲示板の参加者は少ないです。

株価の底打ちです。

感情が薄くなった掲示板で、新しい相場がスタートします。

じっと見ていれば惑わされなくなる

株価のトレンドを追いながら掲示板を見るのは習慣化しないといけないくらいに長い期間がかかるので誰もが出来るわけではないかもしれません。

でも習得すれば掲示板から下げ止まりが分かるくらいにはなります。
また業績は良いけど出来高が少なくてまだ注目されていない株を先に仕込むことも出来ます。

掲示板から有用な情報だけを拾うこともできます。

一番大きいメリットは、人の言葉に惑わされることがなくなることでしょうかね。
淡々と自分のルールで売買することの意味が分かるようになりました。

株価は数字で買って売るだけなんだけど、相場にある多様性に気づくことができたのは自分の財産になっています。

【あとがき】掲示板で凹んだ思い出

まだ未熟だったころ、スマホゲーム関連の銘柄を信用取引でレバレッジをかけて買いました。
暴騰して下げたのでまた上がると思ってです。

振り返れば十分高値圏ですがこの時は上しか見ておらず、すぐ下の抵抗線が底だと思い込んでいました。

数日後に第三者割当増資のIRが出ました。

その時はこのニュースの意味が分からず、掲示板を見れば何か情報が載っていると思い銘柄名で検索しました。

いろんな人が書き込んでいる内容を見て愕然としました。

「増資発表あったな。逃げ遅れるなよ。」

「株価100円割るところで待ってるわ。」

「空売り勢がとことんむしり取る流れだぞこれ。」

総じてネガティブな発言で、えっ、そんなやばいの!?と思いました。

少し含み損があったので、もう少し待って利益が少し乗ったら売ろうと注文を出しました。

しかし、注文が約定することはなかったのでした。
そのまま下がっていき、下値の抵抗線を割ったからです。

急激に不安になる私。
毎日掲示板を覗くようになりました。

ネガティブの発言はますます増え、「持ってるやつはバカだ」といった誹謗中傷のようなことも書かれる始末。

「ほんとに何て馬鹿なことをしたんだ」と後悔する日々。
そして底値が見えず損失が膨らむことに怯える毎日。
信用取引でレバレッジをかけていたので凄い勢いで損失が膨らんだのです。

そして数ヶ月下げ続け、掲示板からはマイナスのエネルギーをもらい続け日常生活まで辛く感じるようになります。

もうダメだ、追証くらうとこまで来た。

このときには疲れ果てていたので、自分の人生をリセットする意味も込めて決済しました。

株価は買い値の半額以下になっていました。。。

そしてその後は・・・

本当に、本当に不思議な事に次の日から株価が上がり出して3ヶ月後には買い値の3倍になっていました。
持ってれば天国、ですが現実は地獄でした。

まぁ今から考えればそういうもんだと思いますが、このときは運命のいたづらとか真面目に思っていました。

掲示板の誹謗中傷した人がほくそ笑んでいる気がしてとても悔しくなりました。

毎日チェックしていたので、毎日「お前はダメだ」と言われ続けている気がして、売った後に急に株価が上がったので、ダメ人間を確定させられた気持ちでした。

今は笑い話ですけどね。

スポンサーリンク
336-280_1
336-280_1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする