これだけは知っておきたいローソク足の種類(陰線編)

陰線編
スポンサーリンク
336-280_1

ローソク足の種類(陰線編) ~ヒゲで明日の株価を占う~

今までの話で、ローソク足によって株価の勢いや流れが掴めることが分かってきました。

「安く買って高く売る」のが株の基本となりますが、これから株価が上がるのか下がるのかを予測するのにローソク足は強力な道具になります。

陽線・陰線に加えて、ヒゲの形のバリエーションをプラスすることで実際に使える道具に変化します。
では、どんなローソク足があるのかを2回に分けて見ていきたいと思います。

今回は陰線編です。

陰の丸坊主

大陰線

始値が一番高く、終値が一番安い大陰線。
売られまくって良いところ一つも無しの線。
あまりに下がったものは翌日に反発で上がる可能性もあるが、勢いよく続落したりもするので、下げてる理由も調べずに買うのは超危険。
状況にもよるが損切りした方が無難かも。

理由のないビビリ売り(みんなが売ってるから)の場合は値が戻すこともあるが、初心者の人は手を出してはいけない。

陰の寄付き坊主

陰の寄付き坊主

大陰線の一つで弱気の足。
売られ続けて少し値が戻して終わった形。

陰の丸坊主より多少は救われるが、だいたいの株価は下げすぎたら調整が入り、また下げていくので全く安心できない足。

柱部分が短いと反転したともとれるが、懐疑的に見た方がいい。

陰の寄付き坊主

陰の大引け坊主

こちらも大陰線の一つで弱気の足。
始値から上げて高値をつけた後、ズドンと売られて終わっているのが特徴。

始値よりも上がったのにも関わらず、始値を軽く突っ切ってとことん売られただけに上の2つの線よりたちが悪い足。早く売り逃げた方が吉と出る場合が多い。

コマ(陰線)

コマ(陰線)

柱の部分が短い陰線で、上下のヒゲも同様に短い。

狭い範囲で買っては売られ、売られては買いでやや売りが優勢な保ち合っている状態。

下降トレンドの株価は毎日大陰線で下げるのではなく、陰線コマや十字線が混じって徐々に落ちていくこともある。
特に時価総額の大きな大型株は比較的穏やかな値動きなのでこのような足が見られる。

カラカサ(陰線)

カラカサ(陰線)

始値から勢いよく下げた後、急上昇して終値が戻って終わった足。

始値を超えてはいないが、下ヒゲが長いほど後の上昇の勢いが強いということになる。

日足で下げ続けた後にカラカサ足が出るとトレンドの転換のサインになることがある。

と、書いてあることも多いが、下げトレンドの中で大きく下げた後、安すぎて買われこの足が出ることがある。
そして上がるかと思いきや、そのまま下げトレンドが続くこともあるので注意しよう。

トンカチ(陰線)

トンカチ(陰線)

始値から勢いよく買われた後同じく売られ、終値は始値を踏み抜いて株価が下がって終わった足。

こんなに下がるならなんで上げたのかと思ってしまう足。

高値にある瞬間は大陽線になっているわけで、ここで飛びつき買いした日には目も当てられない。上昇トレンドで一気に買われすぎたときにも出るが、基本売ったほうが幸せになれる足。

今まで上昇が続いてきた場合はこれが下げトレンドの転換点になる可能性も大きい。つまりここで買うと言うことは頂点で買ったということになる。怖すぎる。

トウバ(塔婆)

トウバ(塔婆)

トンカチ陰線ほど下落パワーはないものの、上がった分をきっちり下げて終わった足。

上昇トレンドで一時的に上げすぎた場合に調整で売られてこのような足になることもあるが、下げトレンドに転換するサインになることもあるので要注意。

スポンサーリンク
336-280_1
336-280_1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする