これだけは知っておきたいローソク足の種類(陽線編)

陽線編
スポンサーリンク
336-280_1

ローソク足の種類(陽線編) ~ヒゲで明日の株価を占う~

今までの話で、ローソク足によって株価の勢いや流れが掴めることが分かってきました。

「安く買って高く売る」のが株の基本となりますが、これから株価が上がるのか下がるのかを予測するのにローソク足は強力な道具になります。

陽線・陰線に加えて、ヒゲの形のバリエーションをプラスすることで実際に使える道具に変化します。

では、どんなローソク足があるのかを2回に分けて見ていきたいと思います。

今回は陽線編です。

陽の丸坊主

rousoku01

始値が一番安く、終値が一番高い大陽線。
振り返らずにひたすら上昇した超強気の足。
次の日も上昇が期待できる。

大陽線すべてに言えることだが、チャートの形によっては、勢いよく上げた分だけ調整で下がる局面が待ち受けることもあるので注意しよう。
短期売買をする人は損切りの準備も怠らずに。

陽の大引け坊主

rousoku02

大陽線の一つで強気の足。
グラフの通り、始値から売られて少し下がったものの、買いの勢いが強く、始値を飛び越え終値はぐっと上げた形。

前日まで株価が下げが続いた場合は、トレンドが転換した可能性がある。
特に下ヒゲが長めのときはトレンド転換の傾向が顕著。

陽の寄付き坊主

rousoku03

こちらも大陽線の一つで強気の足。
ただし、始値から上げて高値をつけた後、売られて終わっているのが特徴。

とくに前の日まで上昇相場で、上ヒゲが長く出た場合は注意が必要。
上昇から下降に転換するサインになることがある。

コマ(陽線)

rousoku04

柱の部分が短い陽線で、上下のヒゲも同様に短い。

狭い範囲で買っては売られ、売られては買いでやや買いが優勢な保ち合っている状態。

上昇トレンドの中では、大陽線がトーンと打ち上げるよりも、日が進むに連れじわじわ上げていくパターンになるのである意味安心できる足ではある。

カラカサ(陽線)

rousoku05

始値から勢いよく下げた後、急上昇して終値が高値で終わった足。

下ヒゲが長いほど、後の上昇の勢いが強いということになる。

日足で下げ続けた後にカラカサ足が出るとトレンドの転換のサインになることがある。

と、書いてあることも多いが、下げトレンドの中で大きく下げた後、安すぎて買われこの足が出ることがある。
そして上がるかと思いきや、そのまま下げトレンドが続くこともあるので注意しよう。

トンカチ(陽線)

rousoku06

始値から勢いよく買われた後同じく売られ、終値は少し株価が上がって終わった足。

陽線とはいえ、すごく上げたのにその後同じく売られるのには何かしら理由があるということ。

上昇トレンドが続いたあとにこの足が出るとトレンド転換のサインになることがある。

トンボ

rousoku07

始値から大きく下がった後に、大きく上がり始値=終値となった足。

少し上ヒゲが出ていてもトンボと呼ばれる。
カラカサ陽線ほど勢いはないが、トレンド転換のサインになることがある。

十字線

rousoku08

十字線は始値と終値が同値なのが特徴で、陽線にも陰線ともいえない足。
しかし、その中身によって意味合いが違ってくる。

安値をつけた後に値が上がって終わった場合は、相場が持ち直してプラスに転換したといえるが、逆に高値をつけ売り込まれて終わったときは、下げに転じたともみれる。

十字線の横棒が真ん中よりも高い位置にあるものは、それだけ安値から反発して上がったことになるので、下降から上昇へのトレンド転換のサインになる。横棒が一番上までくるものは「トンボ」と呼ばれる。
横棒が真ん中よりも低い位置にあると、上昇したあと大きく売られたことになるので上昇から下降へのトレンド転換のサインになることがある。横棒が一番下にきたものは「トウバ」と呼ばれる。

スポンサーリンク
336-280_1
336-280_1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする